RINOの何でも帳

雑記的な日記

ネット社会から忽然と消えてから復帰した話

埼玉東部から好き勝手に書き殴ってる

MECHANICAL TEDDYのボーカルRINOの何でも帳

 

今回は、自分がネット社会から忽然と消えてから今までの話し。

誰も気にしてないとは思うが自分の中でいい加減スッキリしたいから書く。

前述してる通り、好き勝手書き殴る場所だしな。

言い訳がましいかも解らんが、しくじり先生の如くぶっちゃけてくわ。

 

予め伝えとくと、これは自分の空回りで引き起こした話だから誰も悪くない。

  

■元々の性格が仇となったSNS活動

MECHANICAL TEDDYに参加した当初、twitterFacebookのアカウントを運用していたが1年半が過ぎた頃。全部辞めた。

 

理由はよくある事で、疲れちまったっていうのが本音。

ま、疲れるように運用していた自分が悪いんだから、自業自得だ。

 

TEDDY加入前の自分は今以上に人の目を異常なまでに気にするクセがあったんだが、

というか厳密に言えば今もある。

バンド入ったからってそんなすぐにはクセは変わらんわな。

 

そんな人の目を異常なまでに気にするクセと最高に相性が悪いのがSNS

でもバンドを知ってもらう、自分を知ってもらう上では最高なツール。

 

その狭間で勝手に潰れちまったんだな。

 

というのも、自分の無駄にサービス精神が旺盛な所と、無駄に愛想良くしようとしていた事と自分の表現が上手く出来ないストレスから真っ白に燃え尽きた。

もっと気軽にやっていいもんなんだよ!?って突っ込みは重々承知だ。

 

twitterに関しては毎度の返信に対して

「愛想良く、相手が気持ち良く」なんて考えながらやっていた。

ナチュラルにできる人って本当人間できてるよ。スゴいよマジで。

無駄に愛想良くを心がけてた自分は積極的にSNS上に投稿しリプは今の10倍くらいキチンと返し、ご丁寧にDMにまで返信していた。

 

次第にDM上で、自分の近況を一方的に語る人、スタッフパスで入れてもらえませんか?写真取らせてくださいって人、仕舞いにはデートのお誘いまでしよるツワモノ的な人まで現れ出す。

 

普通、こんなDMは読まずにポイで無視するもんだよな。

 全く自分は何を期待してたんだか。

その時はTEDDYが少しでも知れ渡ればと思っていたのかな。

結局は相手のエゴを満たす事にしかなってなかったよな。

そんな人達が本当にバンドを音楽を愛してる訳がないもんな。

 

それから、自分が発する事に対してめちゃくちゃ疑問を持ってしまった訳。

そりゃそうだ。人の事にかまけて自分の本音なんか一ミリも気付いてない。

「こんな事呟いて誰かが何か思ったらどうすんだ・・」とか考え出す始末。

いい加減、君アホか?だよな。

 

それから、誰とでも仲良くならないといけない!という思い込みもありSNSを使えば色んなバンドさんとは繋がれるけども音楽性然り、人間性然り合う合わないあるしな、仲良くする事と相手に迎合する事を混同していたんだな。

というより、繋がりに固執するあまり我を失っていた。

 

次第に疲れてきてタイムラインを見るのも怖くなり、最終的にはもう誰にも会いたくないところまで到達してしまった。

ここまで来ると、もういよいよヤバいやつだ。

 

そんなんで、自分が居たたまれなくなり

2014年末を最後にネット社会と一度縁を切る事にした。メンバーには申し訳なかったが正直なところバンドからも距離を置くようになった。

 

お客さんやメンバーにも沈黙してしまったことに罪悪感を抱いていた。

 

■他人の事を考えてる振りして自分本意だった。

とにかく自分で自分の首絞めるような振る舞いしかしてこなかったんだから、何度も言うように自業自得だ。

 

それに、無駄に愛想がいいってのはウザい事極まりないよな。

 

相手によっちゃ勝手に自分の領域入ってくるようにも感じられるし。

 

相も変わらずクセでやってしまう時があるけど自覚できるまでになったんだから一歩進化したわな。

 

それに他人の事を考えているつもりでも、いつも自分の評価を気にしてるんだから結局は自分本位だったって事だよな。

 

SNSを断った直後は何やってたかっていうと、相変わらず好き勝手歌っていた。

 

毎週カラオケ行って気が済むまでフリータイムで歌い。

ボイトレはいつも下手だと思うところを重点的にレッスンしてたけど、その時歌いたい曲を先生と一緒にやったりしてな。

そうだな、中森明菜とかずっとやってたわ。

水曜どうでしょうのDVDをシリーズで借りて家でずっと見てたり。

 

気持ちの上り下がりはあったものの、地の底に着いてしまった時よりかは少しはマシになった。

 

ライブも2015年は6本とかなり少なかったのもあり。

このまま気ままにやっても良いのかも知れない。なんて正直思ってたんだけど、

3週間前の10周年ライブを機会にまた考えが変わった。

 

■やっぱり伝えたい

10周年ワンマンライブは大型フェスと被った事も関係してるかも知れないけど、それ以上に初動が遅かったし、自分も気持ちに火が点くのが遅かった。

ついこの間まで緩いスタンスでいたんだ、そりゃ鈍るわな。

 

正直、自分の中で悔しさが残ってたのは否めない。

それでも来てくれて、良かった、カッコいい!とか伝えてもらって嬉しかった。

本当にありがとうございます。

 

ほんでワンマンの打ち上げで一悶着も二着もあって再度始めたSNSな訳です。

また始まるってのは怖いもんだな。

 

 

打ち上げ後、二日酔いの頭で考えたのは

「自分とはどんな人なのか」がスッポリ抜けたまんま、

一度もマトモに伝わんないままバンドやってても何にも伝わらないんじゃないかって事。

そんな事は当たり前の事で改めて語るほどの事ではないだろうけど。

気付くのが遅いんだけどな。

 

あと、SNSから離れて解った事。

本当に離れても、好いてくれる人は残ってくれるんだって事。

今後は自分はその好いてくれてる人達の為にも、これからMECHANICAL TEDDYを知って気に入ってくれる人の為にもTEDDYってこんなバンドなんだ、自分ってこういうヤツって事を出来る限り、書いていくわ。

 

今回は、いつになく長いな。

明日こそスナック感覚な記事書くよ。

じゃ!また!! 

広告を非表示にする