RINOの何でも帳

雑記的な日記

4.DIVE&FALL HAPPY DEAD COASTERレビュー

埼玉東部から好き勝手書きなぐっているMECHANICAL TEDDY ボーカル RINOの何でも帳!

 

4thアルバムHAPPY DEAD COASTERのレビューの続き。

 

今回は4曲目DIVE&FALL

 

アクティブな楽曲が並ぶ中、唯一のシットリ系。

生ピアノに重厚なサウンドが重なってメロディも思い切り切ない感じの仕上がり。

ツインボーカルの対比も一番感じられるんじゃないかと思う。

泣ける歌になれば嬉しい。 

自分で歌っていても、やり甲斐を感じる一曲である。

イメージ的には最早、歌謡曲だと思って歌っている。

やっぱり生ピアノは良いよね。

なんか、グッとくるもん。

 

表面上は明るくしていてもエアポケット的に気持ちが暗くなる時、何か知らないけど突然襲ってきて、もがけばもがくほどドツボにハマる感覚。

そういう時は漂うより他ないのかも知れないよね。

どっぷりと感情に浸ることも悪くない。

 

そんな気持ちを思い出しながら作って、出来上がった時は何だかわかんないけど爽快感だったなぁ。

どんな気持ちを経験してもアウトプットしたら作品になるのがバンドやってる醍醐味かも知れないな。

あんまりクサイこと言いたくないんだが。

 

いつもな明るく楽しく元気よくなTEDDYのまた違う顔というか叙情的な部分もあるということで、今後もこういう系の曲は大事にしていきたいなと思うよ。

情緒を表現するのは稚拙になりがちだが、この曲に関しては世界観出てて好きだったりする。

 

ほんで情緒を語るにはまだ人生経験浅く、おフザケが出来ない、おセンチで真剣な感じがココ最近とんと苦手になっているのだが、これからも挑戦していきたいのである!

 

じゃ!また!

 

f:id:mechanical-rino:20161012022836j:image

 

 ちょっとずつ聞けるよ
http://youtu.be/McKPJufA8ko
ここで買えるよ
http://shop.mechanicalteddy.com/items/3556334

 

広告を非表示にする