RINOの何でも帳

MECHANICAL TEDDY RINOの雑記的な日記

SNSは習慣にしない話

SNSを常時やっていた頃とSNSを習慣から外した時の違い。

 

◼︎SNSを常日頃毎日欠かさずやっていた時

・考えが休まらない。

・考えることを休むのが怖い。

・思考が襲ってくるような。

・気がついたら指が勝手にTwitterFacebookInstagramのアプリを開いている。

・気が付いたらタイムラインも無意識にチェックしている。

・リプライやコメントが来た時に謎の焦りが生まれる。

 

とにかく、よく分からない漠然とした不安に駆られるようになったので今は殆どのタイムラインを見ることなく投稿している。

Twitterは特に誰かの思考を垂れ流すようなツールになってるから余計に見ない。

ネガティヴや自己卑下のゴミ箱をわざわざ覗く必要もないかなと。

それから誰かの謎の名言・格言、上手い事言ってる風な投稿に気持ちが動いてるのがアホらしくなってきた。

他人に影響されない人間だったら良かったけど残念ながらブレまくる人間なのでね。

見ない事で自分の精神衛生が保てるならそれで良しかなと。

自分が気分良く過ごす事を優先する。

もう本気で自分は自分以外に興味がない事がわかったので、今は余計に見ていない。

 

それに、せっかくまた始めたのに自分の気持ちがしんどくなってしまっては元も子もないので自分のペースでとにかくやることを徹底している。

自分にとっては垂れ流し情報を目で追う行為が余計に考えを混乱させていることに気が付いたのはつい最近の話。

 

何をそんなに情報を欲しがっていたのか。 リアルタイムに欲しい情報って冷静に考えるとそんなに無い。

何をやたらに繋がりを欲していたのだろうと考えると、殆どが惰性で周りに流されてやっていたにすぎないということが解る。

中身のない繋がりほど虚しいものはない。

本当に繋がりたい人なんてごく少数だ。

自分が本当に大事に思ってる人とはリアルで会っているし。

という風に考えたらかなり楽になった。

 

 ◼︎SNSを習慣にしなくなった今

・発信することに徹する事ができる

・誰かの投稿に心が揺れる事がなくなった

・情報を主体的に選べるようになった

・リアルに目の前の人と話すのが楽しい

・自分の頭で考える事が楽しい

SNS投稿用に写真を撮る事が少なくなり肉眼で見る事が楽しい

 

「つーかこれ、普通じゃね?」というレベルで楽しみが増えたね。

肉眼で見るとか当たり前の事だけど、なんかすぐ写メりたくなるじゃん。

食事とかもすぐ写メりたくなるじゃん。

それが無いってだけでこんなに臨場感が!みたいな意味わからん感動が生まれてきたよね。

 

目の前の人の話とかも、SNSをやり出したからはマトモに聞いてなかったんだなぁと改めて思うよね。

「え!君、そんなに面白い話持ってたん!?」的な発見。

これは勿体無い事してたよね。

 

それに何でもかんでも瞬間に投稿すると素材丸投げみたいな感じでね。

勿体無いかなとか。

この辺、上手く表現できないんだけど。

 

辞めたら分かる事が色々あるね。

とにかく目の前のことを楽しめるようになったのは大きい。

当たり前に目の前にあることなのに気づかなかったよね。

もうなんかSNSは虚像に近いんじゃないかなぁとか思い出したり。

SNSやってる時とリアルの人格違うとかザラにあるからね。

自分は会って話して確かめたいタイプだな。

 

ま、こーやって偉そうなこと書いた5分後に「ラーメン美味い!」とか投稿したりするかもしれんけど。

適当なのが自分なんで。

 

ぼちぼち適当にやりますから。

じゃ、また。

広告を非表示にする