RINOの何でも帳

雑記的な日記

不安や緊張はある事を認めると落ち着く話

ライブ出番直前は普通に緊張している。

体もザワザワーっとするね。

胃の辺りもオエェってなる。

お食事中の人ごめんす。

 

で、緊張とか不安って掻き消そうとすれば掻き消そうとするほど強まっていくし、緊張を消そうとしてテンション上げるとこれまた空回りになるわけで。

 

場数を踏んでる人は知らないけど。

 

なんで自分は

「あぁ〜今緊張してるぅ〜ふぅ〜」みたいに今、緊張しているの認めて脱力する事にしたのね。

 

後はフロアのお客さん達を信頼すると。

ま、なんかあれば6人いるから何とかなるやろなぁとメンバーを信頼する。

あとは、まぁ本番の時に咄嗟に自分は何とか出来るやろなぁと自分に信頼を置く。

フワッと思うのが良い感じなコツ。

 

信頼イコール安心な訳ですな。

 

不安や緊張感に囚われているときは、何でもかんでも自分で背負おうと、自分だけで何とかしようとしているのでそりゃカッチカチになるのはそりゃ当たり前。

つい最近まではこうやって自分を縛り付けていたわけだ。

だからグェェっと胃からのどの辺りに込み上げてキュウキュウにそれはもう窮屈になって余計声が出にくくなり、終わって凹むという負のループ。

 

負のループを断ち切るために、思い切ってガッツリ人のことをアテにするようにした。

期待するとはまた別の話で。

どう動くかは相手次第なので。

でもまぁ何とかなる。どうにかなる。という軽い信頼感を感じるとある程度は緊張はほぐれてきて、程よい緊張感は集中力に変わる。

その集中力で全出しするとその日は結構良い感じなライブが出来るようになってご機嫌でビールが飲めるのである。

 

このフワッと信頼して今あるものを全出ししに行くという行動で楽しめる余裕も出て来たし、意外と冷静に周りを見渡せたり出来るようになった。

 

不安も緊張も悪いもんでもないから、全部排除しようとしないで上手く使えばツルッとスゥーっと流れが出来ることもある。

 

あんまりにもザワザワ感が止まらない時は空き時間にちょっと1人で喫茶店行ってお茶したりとかするとまた和らぐね。

ライブハウスの最寄り喫茶店を見つけるのが密かな楽しみでもある。

 

とにかく一回落ち着く。

ホッとしたら何か良い感じになるからね。

そのホッとした感じを本番直前に思い出すとまた良い感じ。

 

 

懐かしいの見つけた。

f:id:mechanical-rino:20170217185041j:image

 ええ歯並びしてるやないかーい!

 

じゃ、また。

 

 

広告を非表示にする