RINOの何でも帳

雑記的な日記

人の期待に応えようとしていたら一度止めるようにした話

どの場面でも誰かの期待に応えようとした瞬間から楽しくなくなるので一旦立ち止まるようにしたのはつい最近のことだが生きるのが格段に楽になった。

 

何を今まで無駄な責任感を背負っていたのだろうという気分でいる。

まぁ元々人様に仕えるほどデキた人間ではないと言うことは薄々気がついてはいたが、どうもそういった「誰かの期待を引き受ける事」に関してはやらざるを得ないような気でいたし当たり前に義務と思っていた節があり、期待値以下しか出来ない自分を責め立てたりしているところがあり非常に苦しかった。

もちろん誰かの喜ぶ顔が嫌いなわけではないけど、自分の中に満足感や爽快感や達成感を感じないのはなぜなのだろうか。自分が全く楽しくなく苛立ち、気ままに生きてるように見える人間に対して嫉妬心を覚えるというループにハマることが多いなという風に考えていた。

 

答えは単純に自己犠牲の賜物ではないかと考える。

自己犠牲は事実をも歪ませる力を持っているし、周囲を加害者に自分を被害者に仕立て上げてしまう。

 

歪んだ事実に基づいて生活するので周囲に頼ることができなくなり、頭の中でいるはずない自分で仕立て上げた加害者と一人相撲している状態なので、大して動いてないのにとてつもなく疲れる。というか休んでもなんか疲れる。という悪循環に陥ってしまう。

 

抜け出す対処法は至ってシンプルに人の期待に応えることを辞めてみるという事。

 

やってみるとわかる事。

大して人は自分に期待などしていないのだ、たとえ期待されていたとしても自分自身の全てというよりも自分の一部分しか必要とされていなかった。なんて少し寂しい現実に直面する。

しかし、この寂しさの原因は今まで自分だけで踏ん張ってやるしかない!という歪んだ概念が消えた合図なので、この寂しさをきっかけに自由気ままにやり始めればいい。

 

人は誰かのためにいるようでもあり、本質的には総じて自分のためだけに自分がいるという事に気がつくことがどれだけ気分が軽くなることか。

 

というわけで例年以上に自分自身のためにズボラで面倒くさがりを発揮することになる。