RINOの何でも帳

雑記的な日記

樹木希林さんに、このセリフ言われたらシビれるね!の話

たまにはカラーニットとか着よかなと思い。

春とはいえまだまだ寒いしな。

首あったかハイネックが◎

 f:id:mechanical-rino:20170314145231j:image

 

ここ1年ばかし黒Tにパーカーにジーパンでしたが暖かくなると急に鮮やかな色とか着たくなるよね。

 

ほんで久しぶりにピンクの面積多い服を着たら、いつもの如くなんだか知らないけど自分が居た堪れなくなってね。

ついでに書くと自撮りも居た堪れなくなる時もある。

好きでやってるはずなのに何故かね。

長年好きだった事、やりたい事を制限してるとこうなりますね。はい。

こんなメンタルですよ、自分なんざ!

ハハ!

 

そんな時に思い出した西武・そごうのCM

youtubeで見てめちゃくちゃシビれた!

樹木希林さん、半端無くエッジ効いてるっす!カッケーっす!!

 

あの率直にモノを言う姿勢が好きで。

数年前にお見かけする機会があって印象は小さくて穏やかで気遣い溢れるご婦人な感じなのに芯の強さとかじゃ言い切れない、なんというか極太な意思があってめちゃくちゃ格好良かったんですわ。

 

【西武・そごう】わたしは、私。樹木希林さんスペシャルムービー - YouTube

youtu.be

今年、あなたはひとつ歳を取る。
その度に、歳相応にとか、
いい歳してとか、つまらない言葉が、
あなたを縛ろうとする。

あなたは、耳を貸す必要なんてない。
世間の見る目なんて、
いつだって後から変わる。
来たことのない服に袖を通して、
見たことのない自分に心躍らせる。
他の誰でもない「私」を楽しむ。
そんな2017年が、
あなたには必要なのだから。

年齢を脱ぐ。
冒険を着る。

私は私

 

 

youtu.be

 

歳をとったら、歳相応の服を着なさいとか、
妻や母親、祖母という役割に
自分を合わせなさいとか、
周りの人と同じように振る舞いなさいとか。
そんな窮屈な常識は、もういらない。

あなたはもっと、個性的であっていい。
それが派手でも、大胆であっても、
堂々と着たい服を着る。
そうして、何万通りもの個性が花開いたとき、
誰も見たことのない時代が、
一歩前に進み出す。

年齢を脱ぐ。
冒険を着る。

 

ホント 「世間の見る目なんていつだって後から変わる」よなと。
良い意味でも悪い意味でも。

 

これね、樹木希林さんが言うからまた良いんだよ。

この動画見たらなんだか震えがきたわ!武者震いが!

 

「私は歳だから諦めてる、こんな立場だから、こういう状況だから今から始めても遅いし」みたいなよく陥りがちな思考は、やりたい・できないの狭間に立った時に起きる。

先ずは、やるかやらないか決めてしまえば良いよね。

 

やると決めたら、やってもやんなくても大して誰も気にしてないし、周りはすぐ忘れる精神でいくとストレスが減るかもなーと考えた。さっき。

現にピンクのニット着て外を歩いていても何も起こらないので居た堪れなさはただの自意識過剰な勘違いという事でしょう。

 

オシャレとか苦手なジャンルだし気がつけば楽チンな服ばかり選ぶのだけど自分でコレ!と思った着たい服くらい堂々と思った次第であります。

じゃまた。

広告を非表示にする