RINOの何でも帳

雑記的な日記

気まぐれに掲げるスローガンの話

TEDDYのペースらしく月一でライブがぼちぼち決まってきた中、ぼちぼち新しい曲に取り掛かっていたりしている。

元の音源自体かなりカッコよく仕上がっていて、歌詞も相方TATSUYAくんが揃えてくれたし、あとは自分のパートどう乗せようかというところ。

先週、仮歌を録ったのだが一旦やめてみる事にして新しくまた練り始めている。

f:id:mechanical-rino:20170321155224j:image

今回はまだまだ粘ってみようかなと思い。

ケツが決まってるのでその中でやるだけやろうという感じで。

 

ここ数週間の自分のスローガンは

「やれるだけやってみよう」らしい。

らしい。と言っても勝手に自分の頭の中で浮かんで来た言葉をとりあえず採用してみるという一人遊び。

2月は「楽しさを見つけよう」

1月は「いつもの真逆をやろう」

昨年末は確か「心地よさに妥協しない」

他にも「力を抜く」とか「より自己中になる」とか「敢えてネガティブなる」とか。

 

月間だったり週間だったり日間だったりと気まぐれにスローガンを決める。

 

冗談半分でやってみると、まるで違う発想になるから面白い。

誰も得しない自分だけのゲームなので好き勝手にやっている。

一つだけルールがあって前向きなものだけを掲げることを禁止している。

 

例えば「敢えてネガティヴになる」のスローガンが浮かんだ時は確か気落ちしていた時。

近しい人間が気分が落ち込む時、前向きに励ます事より落ち込んだ気持ちに寄り添って共感することが優しさかなと考えて、自分にも同じ事をしてみる。

他人に対しては優しくするくせに自身に浮かんだ負の気分にはつい遠ざけ振り払おうとする。

紛らわして誤魔化して隠す負の気分は大きくなるので敢えて一度ネガティブの渦に飛び込んでみる事にした。

主体的に積極的にネガティブになろうとすればするほど不安は小さくなっていく。

「結局逃れようとするから大きく見えるだけか」と気がついた。

とか、勝手に頭の中で遊んでそれで、はたと気がつけたら儲けもん的な。

 

今回の新曲メロディ付けるのも、いつもと同じ工程、やり方でもいいんだけど今回は違うやり方がしたい。

というわけで、やれるだけやろう。

広告を非表示にする