RINOの何でも帳

雑記的な日記

本当に困ったり行き詰まった時に声かけ続けてくれた人を大切にしようと思った話

ある時期、色んな事が揉みくちゃで一旦、色んな事にカタを付けないといけない場面が山ほどあった。

生きてるうちは厄年みたいな八方塞がりで、もがけばもがくほど泥沼な時期は誰にでも何度かあると思うが、その当時の心境としては困ったり行き詰まったりして落ち着かないので他所のことを気にしている場合ではなかったし、半ばヤケクソみたいな行動しか取れず、最終的にはとにかく人に極力会いたくないという引きこもりのような気持ちでいた。

そんな暗い時期にこっちの都合はお構いなしに声をかけてくれてきた友人がいた。

もう何十回と断りを入れたか分からない。

「ごめん、遊んでる場合じゃなくなった」

「すまんけど今は時間が取れない」

「また暇ができたらこっちから連絡するから」とありとあらゆる理由で誘いを断り、断る理由のレパートリーがなくなった時は返信しない事もザラにあった。

普通の人間ならここで見切りをつけて離れて行く中、その友人だけは何故か懲りずに何度も連絡をくれていた。こちらも懲りずに何度も断った。

しばらくして連絡が途絶えると何処か安堵している自分がいて「このまんま一人の方が静かで楽かもなぁ。ていうか一人で良いかなぁ」なんて勘違いを本気で信じていて日に日に人と話すのが面倒になっていった。

それでも100%人との関わりは避けることは出来ないので人付き合いに心底疲れていたけど、顔出すべきところには「外にいるけど引きこもり」な状態で何とか乗り切っていたいた時期もあった。 

厄の暴風雨もようやく落ち着いて段々と気力が戻って来たがまだまだ気持ちの面で不安に苛まれたりと行ったり来たりしている頃、また友人からの飲み行こうの連絡。断る理由もとっくに尽きていたのと人と飲みに行く気力も少しは回復して来たのもあり誘いのメールに「行く」と返信した。

会うの久々だし会話出来るか?なんていう不安は大きく外れて、その日はもう何年振りってくらい何も考えずにバカな話と思い出話と次の遊びの計画と最終的には何を話しても爆笑でしかないという最高な1日になった。

本当に傲慢な自分を何度となく誘ってくれたにも関わらず断った事も全く気にしない様子で。

詫びたけど全然もうスルーに近い感じで「あるよねーそういう時期ねー」みたいな感じで接してくれてものすごい救われた訳よ。

この日に久しぶりに自然体で接することが出来て色んなことを取り戻せた気がしたし、別に自分で良かったんじゃねーか、最初っから!という開放感でいっぱいだった。

思えば厄年みたいな災難も自分がやらなければいけない義務感に囚われ過ぎていたのだなぁ。

本当は面白い事が大好きなんだよな。

ていうか、めっちゃ喋りたがりだよなー。

もっと言うと自分ってすげー寂しがり屋だったんだなー。

てかそもそも、本当は人とこうやって楽しくやりたかっただけなんだよなー。

なのに拗ねて捻くれてしまったんだなぁ。

それに元々自分てキッチリした人間なんかじゃないんだよな。

もっとテキトーに、楽しくやろう。

なんて色々と帰り道に思ったのだ。

 

「らしく」あらないようにしていたのは自分の方という事だった。

 

人は良い意味でも悪い意味でも一人にはなり得ないし、何やっても嫌われる時は嫌われて何もしなくても好かれる人には何でか知らんけど好かれる。

だから、どこまでもらしくあれば良いのだと。

余計なものを要求してくる奴はこちらから切ってOK。

受け入れてくれない人とはわざわざ付き合わない。

 

こういう自分を面白がってくれる人と付き合う。

これでいいんだなぁという感じを最近は益々実感している。

 

本当ね、懲りずに声かけてくれる人達は大事にすべきだよなと。

マジで自分の周りは人徳ありのギャグセンスありの最高な奴しかいないのである。

こういう人達と面白おかしく過ごして行くと決めたという話。

 

ほんとねー。ありがたいよねー。

f:id:mechanical-rino:20170328142529j:image

広告を非表示にする