RINOの何でも帳

雑記的な日記

自分の人生のために仕事をするんです

社員の心身の健康を阻害するような働き方をさせるような企業に魅力はありませんし未来もありません。

また社員一人ひとりの人権を尊重しない社長は例えどの様な理由があっても絶対に許されることではありません。

 

過労が原因で抑うつ状態に陥っている社員に対してなんの策も講じないのは経営者、雇用者としては失格です。

汚い言葉を使うなら「私利私欲で人を使うクズ」ということです。

 

また、雇用関係に於いて共依存のような状態で「自分はこの仕事が好きでやっているんだ・自ら望んでやっている・自分がいないとダメなんだ」という事を思わされているある種の洗脳状態に陥っている場合があります。

 

洗脳状態になっている特徴として「みんなも頑張っているんだから」「この仕事は嫌いじゃない、むしろ好きでやっているから」などの発言の他に第三者から、その会社は明らかにおかしいよという指摘をされると「事情も分からないのに分かったような事を言うな」など咄嗟に会社を庇うようなそぶりを見せます。

また思考が奪われているため苦しい現状を変えられないような無力感に苛まれる事があります。

そういった場合は第三者が強制的に雇用先から隔離し、ある程度の期間休息させる必要があるでしょう。

充分に休めたら別の道が何千何億通りと数え切れないくらいある事が理解できます。

 

自分の人生のために仕事をするんです。

仕事のために自分の人生を消費しないでください。

 

 

 

■相談窓口一覧

paraft.jp

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

広告を非表示にする