RINOの何でも帳

雑記的な日記

大成しないと意味も価値もない?考

・実績や結果出さないと意味がない。

・ちゃんとしていないと意味がない。

・大成しないと意味がない。

過去そんな風に考えて生きていましたが、じぶんにとっては貧相な考え方でした。

こういった考えで世の中を見るので次第に窮屈な生き方しかできなくなってくるんですよね。

自分で自分を追い詰めるし、自分から自分の可能性を叩き潰してる事になる。

なんか凄い人にならないと価値ないじゃんみたいな。

ちゃんとしてる筈なのに自分にしてはある程度の結果や実績が出来たけど何かしんどいなと常に思っていました。

大きな成功してないからしんどいのかと考えて行動しても、なかなか目標にたどり着けないので更にしんどくなる一方でした。

そんな考えだった過去の自分に伝えるとしたら「で、その考え方は楽しい?」の一言に尽きると思います。

ちゃんとしようがしまいが楽しくないって辛いことだと思います。

ある程度の実績が出たところで結果ありきの行動というのはとても虚しいものでした。

 

散々っぱら感じた虚しさから解放されたきたキッカケは、めちゃくちゃでも好きに表現している人たちを沢山見たことです。

なんだ、好きに楽しくやれば良いんだ!と考えた気づきはとても大きかったですね。

でも好きにやると迷惑が掛かるかも知れないし、楽しい中にも秩序は必要だと思うし、とかまた悩んだ時期もありましたが元々ちゃんとしようとしてる人がやる迷惑って大したことないです。

 

それから、楽しむ方向に生き方を変えていくとちゃんとしてた時に知り合った人たちとは縁が切れて、その代わりに楽しいメンツはいつまでも残り続けているという自分にとっては過ごしやすい環境になりました。

 

昔にあれだけ求めていた価値とは一体何なんだ?何処にあるのか?と改めて考えたときに私は「経験」と決めた時から割と生きるのが楽になりましたね。

経験という事にすれば失敗だと思ったあんな事もこんな事も経験した事にすればどんなことをしても何かを得られて報われるような感覚になるので心理的負担が少ないですし、スカして格好つけて頭いいふりしても、結構バレています。

 

結論として、大成してもしなくても今はどっちでも良くて、楽しくやる。というところに落ち着きました。

 

ちゃんとして、キチンとやって成功することに生きがいを感じてらっしゃる人もいるので一概にはこうとは決めつけられませんが、自分にフィットする考え方に沿って生きることが結果的にいい収穫が得られることが多いです。