RINOの何でも帳

雑記的な日記

それらしいこと言う出来た人間を目指すつもりはありません。

理屈こねくり回して本音が一度も見えないような関係が最近とても面倒です。
小利口に大人ぶってお茶を濁し合い本音は知らぬ存ぜずとして上辺だけうまくいっているように装う事、それらしい事を言って良い子でいるのは辞めました。
「言いたいけど敢えて言わない」なんてのはこれはもう最悪です。
それに、こちらがようやく率直に話した先に愛想笑いなんかされようもんなら暖簾に腕押しな感覚で非常に虚しいものですよ。

 

過去、自分もこんな感じで出来た人間というか大人な対応しようと思って奮闘していましたが良いことあんまり無いし、ド失礼な事したなぁと今となっては思います。

 

打開策として、まずは自由に出来るところで自由に発言していこうと考えました。
私にとっての自由に出来るところはこのブログです。
私は口で伝える事が今でもまだ苦手です。
このブログ始めたおかげで意図してる事や隠していた本音も苦手なりに少しずつ口で伝えられるようになりました。
まずは身近な人から段々という感じですが、今となっては「何だ別に隠さなくても良かったのね」と安心することが多くなりました。


良いじゃないですか、後ろ向きな投稿や怒りの投稿の一つや二つや三つや四つ。
大人気なくて、ダサくて結構です。


最初から言葉で面と向かって伝えられる人はそれで良いけど、そうじゃない人もいるんです。
人の気持ち考え過ぎたり自分の意見に自信がなかったり。
というより否定されたら自分自身が否定されたと勘違いして発言するの怖くなってしまうんですよね。

後々なんか不快な事したかなぁとか考えて堂々巡りしたりね。


そんな時はどこでもいいので伝える練習です。

私は一度TwitterSNSを辞めたのですが、その時は前向きなことしか言えない感じに自分でしていたのが失敗だったなと思っています。
ついネガティヴな投稿した時には何となく罪悪感を感じていました。
誰に押し付けられてるわけでもないのにね。
今思えば、ただの自意識過剰で笑っちゃいますよね。

 

最初は出来なくても良いです。
やっていく中で真剣に聞いてくれる人を大事にしていって関係を深めた方が生きやすいですよ。

広告を非表示にする