RINOの何でも帳

雑記的な日記

Twitterが嫌いな理由

Twitterを再開して一年ほど経ちますがやはりそれほど面白くもないですし好きになれないですね。

見たい情報以外はミュートしてるので以前よりも気持ち穏やかに使えるようになりましたが、そこまで気になる情報ないし自分の気に入った色んなものの備忘録とライブの告知程度に留めています。

一度持った苦手意識というのはなかなか無くならないのでリプライが来ると今でも心臓に悪いです。

もう辞めたFacebookや最近更新してないinstagramではそんな事ないのに。

今はどっちかというと綺麗な写真の多いinstagramの方が好きです。

 

■距離が近すぎるように感じる

個人的な感想ですがTwitterのリプライは他のSNSに比べて距離が近すぎるように感じてしまい負担に感じる事が多くありました。

いきなり自分の間合いに入られる感じが不快でしたが今は多少慣れました。

 

■他人の揉め事が丸見え

全く関係のないリプライ合戦を目にしてしまうだけで気持ちが萎えるのでミュートとブロックで対応しています。

 

■愚痴が言えない時は他人の愚痴がウザかった

生きてるうちに愚痴りたくなるような出来事はあって当然ですが常日頃から愚痴を垂れ流してるのは見ていて不快なのでミュートです。

 

他にも色々と理由はありますがTwitter上にあるもの99%自分にとってはどうでも良いものだなぁと改めて思いました。

まぁでもやるのは約束なんでね、辞めませんが。

でも上手く使えそうにないのでストレスにならんようにゆるく漂うようにやっていきます。

広告を非表示にする