RINOの何でも帳

雑記的な日記

プロだのアマだのという思考でガチガチになるくらいなら一切意識しない方がいい

唐突ですが、今私がしてることは全て趣味です。

プロ意識を持ってとか、見られているんだからキチンとしなければいけないとか、お金もらってるから絶対にちゃんとやらないといけない言う気持ちを持っていたのですが結果として考えるほどに心身ともに硬くなり、やっている事がつまらなく感じて来たので無益な考えは捨てました。

 

■思考でガチガチになるくらいなら意識しない方がいい

中途半端なプロ意識で勢いが鈍くなるくらいならいっそ趣味だと認めて思い切りやった方が色んな方面で後腐れないです。

逃げでもなんでもなく思考が動きを邪魔するくらいなら割り切る方が余程心身ともに健康です。

 

それにプロの人はプロとはナントカと講釈を垂れたりはせず自分にだけ常にストイックな考えを持ち合わせていたり、やっていることの集中力が尋常じゃないからこそ迷いのない十全な表現で観客を感動させる事ができるんだと思います。

それが出来ないなら、出来ていない自分を責めるよりも集中力高めるような考え方をした方がよっぽど身になります。

完璧に出来ないなりに全力でやってみましょうよ。

 

■余計な力みがない時ほど流れように事が運ぶ

気負っているを時ほど大外れして、あまり考えずにやる程ウケるのはどうしてなんでしょうね。

人は空気感に影響される事があるのでその日その時の勢いとか熱量に反応するものなのかなと思っています。

余計な考えを背負うほどに気負った感じになるのが伝わるので見ている方も冷めるもんなんじゃないでしょうか。

逆にスパッと決めて迷いなく吹っ切れた時は気持ちよく事が運んでいきます。

よし、やるぞ!という良い緊張感とただ気負ってガチガチなだけの悪い緊張感の違いなんじゃないかなと考えています。

最終的にはどんなスタンスでやりたいかは好みなので徹底的にこだわりたければ貫けば良いのではないでしょうか。

どんな趣味でも試行錯誤していく過程で過去の自分よりも良いという課題を作ってやるのは好きです。

でも人と比べたり他人に強要されるのはなにも得られず自己否定に繋がるので大嫌いです。

 

◎どっちでもいい

どの道選んでも何でもいいとは思いますが自分で決めたらスッキリするもんです。

板挟みが一番無駄ですから。

趣味ができる時間も限られていますので、出来るだけ楽しくやる精神状態でいたいものですね。