RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

相手の良い悪いに合わせなくて良い。自分の好き嫌いを大事にして。

相手の価値観にいちいち乗っからなくて良いですよ。

相手の良い悪いに乗っかりグセのある人は今日から共感することを意識的に辞めてみましょう。

毎回真っ向から反論すると喧嘩になって面倒なので相手の意見に「ふーん」と適当に流した後に敢えて逆の意見を頭に浮かべてみて下さい。

・私はそうは思わないけど。

・私は違うと思う。

・私は別に好きではない。

みたいな感じで意識的に否定してみるんです。

これって嫌な奴になった感じしますよね。

でも違うということもコミュニケーションの一つなんですよね。

私はいつ相手の機嫌損ねてしまうんじゃないかと恐ろしくて「それは違う」なんて事ハッキリと言えたことがありませんでした。でも違いもコミュニケーションなんだと思ってからは少しは言えるようになりました。また、意見が違うのと人格を否定しているのとは全く別物という感覚もようやく理解したのはつい最近ですよ。ディベートなのか口喧嘩なのか分からなかったんですから笑えますよね。

討論慣れしていなかったり、人の気持ちを慮る側面ばかりでやって来た人は相手の価値観を尊重しすぎてしまうところがあるので心の中で反対意見を考えてみるセルフディベートとでも言いましょうかね、少しずつやっていくと自分の意見に自信が持てますし理路整然と物事語れるようになります。

私もまだまだ感情的に否定してしまったりする事なんてしょっちゅうですので鍛えていきたいですね。

でも気持ちが不安定な時は無理にやらなくて良いです。

自分に自信が持てなくなっているときは相手の意見に否定的な自分を責め始めてしまうので。

気持ちが不安定な時はまるで2歳児のようにただ好きか嫌いかで判断して下さい。イヤ!スキ!を心の中で思うだけでOKです。

これならできそうでしょ。というか好きも嫌いも考えるまでもなく既に感じているものですよね。

それに気付きながら過ごせば相手の価値観に揺さぶられにくくなりますよ。

 

どんなに偉い人だった立派に見える人だって本当は間違えだらけなので絶対に正しいという答えはないんですよ。

なので自分の感覚や気持ち、思考だけが間違えているなんて事は有りません。

むしろ自分から導き出したものなんだから他人の価値観よりも自分の意見を大事にするべきです。

自分から出た答えに堂々としていましょう。