RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

親切にしても相手がどう捉えるかは相手次第

いくらこちらが親切心で何かしてもどう受け取るかなんてのは相手次第です。
親切したんだからちゃんと受け取るのが礼儀だという思いはただの押し付けでしかないです。
折角やって"あげた"のにというどこか傲慢な気持ちが隠れていますよね。
どう捉えるかは相手の選択に委ねるしかないんです。
そうじゃないと相手が思うような反応しないと気が済まない事になるじゃないですか。そんなのはキリがないです。
私はよく偽善的な事してきました。

本当は腹黒イジワル性格ブスなのになんで優しい振りしてたんだろー。笑

それから相手の反応を伺うようなこと事をすると何だか疲れてしまうんですよね。

それに振り返るとやっぱり「してあげた感」が身体中から出ていただろうし、そっちの方が卑しいし相手も鬱陶しかったかもなと思う訳です。

優しくしてあげたのにとか、こんなに良くしてあげたのにみたいなのってやっぱなんか器ちっちゃいですよね。

だから誰かに親切にするならもう募金だと思って何にも返ってこない事を前提にやるというのが自分も疲れないし押し付けがましくないんじゃないかな。

親切心が好かれるための行動や優しい自分に酔いたい行動になった瞬間に重たくてややこしいものになるのでね。

そんな事するくらいならやらない方が余程マシですよ。

あんなにしてやったのに。

アレあげたのに。

ダッサい事極まりなしですよね。

「やりたいから、やった。」理由はこれだけで良いんですよね。