RINOの何でも帳

雑記的な日記

他人に対して言いたいことは自分の伸び代

私はよくもまぁコレだけ毎日他人に対してごちゃごちゃ言えるよなって時が最近までありました。

自分に実害ない時だって理由つけてアレコレ言いたい時があって、何でかなーと色々と調べていると全部自分自身に対して言ってる事が分かったんです。

今までやってこなかった事や過去諦めたことや見せて来なかった所など文句垂れてる相手と自分の似たような所に反応して言ってるみたいで、文句を毎日垂れてる私は実はそれだけ伸び代があるという事ですね。とても楽しみな話です。

あっけらかんと恥ずかしげもなくみっともない事を容易くやってる相手に対して腹を立てているってことはそれだけ我慢しているし、例え文句垂れてる相手と同じような事したいと思っていなくても最初は正論立てて「あんな事するなんて常識から外れてる」「あんな事するなんて本当にあり得ないわ」なんて言っても掘り下げると「自分はこんなに我慢してるのに」「自分はこれだけ頑張っているのに」という本音に辿り着きます。

私はちゃんとやっているのに。

みんなちゃんとしてるのに。

お前だけルール破るなんてあり得ない。

みんなが守ってるから自分も守らなきゃいけないのにルールから逸脱した事しやがって!の後に「ずるい」という気持ちも付いてきます。

好き勝手やっているのに恵まれてるのがまぁ腹立ちます。楽しそうにしてたり居場所があったりとか。

これだけ頑張ってんのに手に入れられなくて片や図々しくしてる人が何でそんなに簡単に手に入るのみたいな気持ちによくなっていて本当に醜いな私と思ってたんですけど、最近もうそういうの自覚してから途端に疲れてしまって。何でこんなに奥歯ギリギリ言わせて毎日過ごさないといけねーんだよってね。得られないものに対しては今生は必要ないものなんだなと諦めたんです。今なくてもとりあえず生きてるからまぁ良いとするかと。

私は普段から毒も吐くし下衆な考えもするしでそんな隠しておきたい部分を認めてみると毎日生きた心地がする訳です。

自分はルールを破るあいつとは違うと自負していたけど本当のところはルールを破るあいつと同じ事してる部分もあるよね。それに同じ事しても別に大丈夫だということがハッキリ分かると何でアイツばっかり許されるんだよという気持ちは段々と薄くなっていきます。

一度とことん怒ってみるとわかります。

中途半端に重箱の隅をつつくように小姑のようにネチっこくやってるから消化されないだけです。

それから「もっとこうすりゃいいのに」「このやり方の方がいいのに」というのも同じように「自分だったら出来るのに」という本音が隠れています。

でも自分一人でやる自信がないから他人にあーだこうだと自分はやる方の立場じゃないからと言いやすいポジションから野次を飛ばす仕組みになっている訳です。これ知った時は恥ずかしかったですよ。自分から発したこうすりゃいいのには自分からまず実行できる前提って事ですから。その反面まだ何か出来ることがあるというのが分かります。

今まで我慢していた文句の限りを全部外に出しまくってヒドい自分を実感してから気がついてからでも遅くはないです。

広告を非表示にする