RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

特に落ち込んでいる時はネットは辞めてゆっくりする事が鍵です。

ネットはとても楽しいし為になる事が多いですけど特に気持ちが落ち込んでいる時は控えたほうが良いなと思っています。

落ち込んでる時って自分を救ってくれるような言葉を際限なく探しちゃうんです。救いを求める姿勢だと判断力が鈍っているので容易く耳触りの良い言葉に引っかかり易くなります。

確かにネット上には気持ちが楽になれるヒントや励まされる言葉が沢山あります。それを取り入れるも取り入れないも自分次第なのですが落ち込んで自己喪失しているときは発信者に対して依存的な思考になりやすいのです。自己が不在な時は強い表現をしている人に対して従順になりやすくなります。誰かの考えを自分の頭で咀嚼して判断しないでそのまま思考を乗っ取られてしまいます。

確かに一時は受け入れられる気持ち良さと心が楽になる感覚があるかも知れないのですがいつまでもそこに留まることでその人の考え無しでは判断できなくなってしまうんです。

また、いつまでも落ち込みの原因を問題視して余計に大きくしてしまうんですね。

それから誰かに縋るというのは何か自分に足りないもの欠けたものがあるという思い込みがあるからこそやるのではないかなと思います。

本当は足りないものも欠けたものも何一つとしてないんですけど問題視している事で余計にそう思い込んでしまいがちになるんです。

もし何かに縋っているなと感じたら一度情報を集めるの辞めてみて落ち着きを取り戻す事を優先した方が良いです。

例えばさっさと寝てしまうとか意識的にゆるく生活したり思い切ってサボってみることでも良いですし一杯のお茶をゆっくりと入れてブレイクタイムを設けるのでも良いと思います。

それから意識的にアウトプットしたり怒りや悲しみを出し切るようにするのもいいですね。

怒りや悲しくなっている気持ちに寄り添う感じですね。

気持ちが落ち着いて思考が緩んできたら自分が頑張り過ぎている事や過剰に自分に対してダメ出しをしている事、自分に何か無理を押し付けていないか、本当はちゃんと休めていないんじゃないかなど確認する事が出来ます。 

沢山休んで英気を養えたら、そこから落ち込んでいる事についてネットで調べつつ今一度考えて人に相談したりして行動を変えてみるとまた違う活路が見えて来ます。