RINOの何でも帳

雑記的な日記

「頑張る」という意味に何を含んでいるかにもよる

頑張るという一言にも使う人によってどのような意味が含まれているのか変わると思います。

頑張るに「出来ると信じてるから」「頑張った先にいい景色があるから」という目的や信頼に則った意味が含まれているのであれば頑張る事はいい起爆剤になり自分の範囲以上の成果に繋がることでしょう。

しかし闇雲に頑張る事や、ただ頑張る事が目的になっている場合は少し立ち止まって手を止めて何もしない期間を設けた方がいいでしょう。

先の見えていない頑張り程無駄なものはありません。

また集団での行動の場合頑張っていないと浮いてしまうからという理由で頑張っている振りをしている場合や、それとは逆に周りが頑張らないから自分が頑張るんだと孤軍奮闘している場合も一度休んだ方がいいでしょう。

本来、頑張るという事は達成感や充実感を感じられる行為です。

しかしそこに苦しさや辛さ虚しさ、徒労感しか感じられないのであれば頑張る方向を間違えていたという事でしょう。

自分は頑張る事で一体何を得たいのかを考えてみた方がいいです。

頑張る先にどんなものが見たいのかというものが明確になってからまた頑張ればいいんです。

無目的にただ頑張る事は修行よりも辛い事です。要所要所で区切りを付ける。自分の成長を振り返る。節目を自分で作る。これがないとただゴールも給水ポイントもなく走り続けているようなものです。

そのうちどこを走っているのかも分からなくなるでしょう。

それから継続する事を第一の目的とするのであればいかに楽しく継続するかが鍵になってきます。いかに深刻にやらないか、いかに悲観しないか、いかに面倒な事をしないかについても考える必要があります。

成長を見据えた頑張りはそれなりの成果があって継続しやすいんです。

皆であの山へ向かうぞ!と解りやすい目的があれば作戦立てたりペースを考えたりと具体的な行動で頑張る事ができます。

しかし何の具体的な目標もない頑張りは力みだけが先走って疲れてしまいますよね。

一体自分は何について頑張るのか。そもそも頑張らなくていい事に頑張っているのではないかと自分の頑張りを疑った方がいいですね。

それに、ここまで徒労感や虚しさを引きずりながらも頑張ってきた自分を労ったり今までやってきた事を認める事を頑張った方が良いですよ。

 

広告を非表示にする