RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

一回の勝負の時に吹っ切れないのはファンがつかない

先日YouTubeでアイドル養成番組を見ていて、ダンスの審査をしているときにダンス講師の方が「吹っ切れないのはファンがつかない」という一言を発したのですがこれは真理を突いているなと思いました。

人はわかりやすく私はこうなんだ!というものに目が行くもので、どんだけ綺麗な御託を並べようとも一言「私はこう!」という存在感や迷っているのは直前までにして、その先の本番は迷いなくやるという潔さに勝るものはないでしょう。

「みんなで仲良く手を繋ぎながらニコニコ楽しくやろうよ」にはないアスリート感というか、鋭さと説得力や押しの強さで沢山の人をを魅了するのでしょうね。

それに本でも極論的なものってかなり売れるんですよね。

思い切り振り切れた話っていうのは正論より強いと本屋を巡っていて感じます。

吹っ切る・振り切れるというのは社会の理解を大幅に超える場合があるのでとても敵を作りやすいです。しかし誰かの理解を気にした行動というのは印象は薄く埋もれてしまいます。それに振り切れた人の魅力というのは好き嫌いという概念をはるかに超えた強い印象を多くの人に与える事が出来るのです。

ぜひ私自身も取り入れたいものです。

という御託だらけのブログでした。