RINOの何でも帳

雑記的な日記

どこまでも緩く温く程々にやってやろう

ある程度の目標があってそこに向かうためにアクティブに動く事や向上したい気持ちを胸に必死にやるというのは本来爽快なものだし元々そういう事が好きなんです。

しかし、それ程の熱意もない輪の中でただ闇雲に情熱を振りかざして何になるのか。

それに気紛れにやっている人がこれだけ多くいる中でなぜ私は同じように気紛れにやってはいけないのか。

自分自身は毎瞬もうこの機会は二度と無いという気持ちで実行していました。

いろんな疑問が湧いているのですがそもそも考える事すらもう無駄な気がしてどこまでも緩く温く程々にやろうという結論ですね。

広告を非表示にする