RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

お笑い芸人って凄い

昨日のIPPONグランプリや今日のM-1グランプリを見ていて改めてお笑い芸人さんって凄いなぁと感動しています。

トークの瞬発力もそうだし大喜利も頭の回転が速いから出来る事だしネタにしても目の付け所が普通ではないから生まれるものだし、時に言語にしにくい違和感をズバッと言ってくれて「それそれ!分かるわぁ」と頷く時もあり本当に頭が良くないと出来ない事ですね。

近しい人達を笑わせる事は出来ても全く知らない人を一気に笑わせる事って人それぞれ笑いのツボが違うのでとてもハードルが高い事で、自分が面白いと思っていることも一歩間違えば誰かを傷つけたりもするだろうし匙加減もしながら沢山の人を笑いの渦に巻き込めるのは素晴らしいなぁと思います。

 

それに漫才やコントなどを観て思い切り笑うと爽快な気分になったり心が軽くなったりストレスが吹っ飛んで、考え方を笑える方に方向転換したらそんなに深刻でもないかもなんて思えたりするし前向きに過ごせるキッカケにもなります。

私は芸人さんのおかげでムカつく奴のことも面白おかしく見られるようになったり、もう立ち直れないかもと思う出来事も笑い話に出来たり沢山の人は笑わせられないけど友人の間で思いっきり面白おかしく話したりして嫌なことを昇華することが出来ました。

気持ちが塞ぎ込んでいる時に漫才やコントを見て何度も助けられました。

最近はテレビや動画で見ることが多いですが、お笑いライブに行って笑いの熱気を浴びると帰る頃には「なんか大丈夫かも」って思えてくるんですよね。

それだけ笑いの力っていうのは凄いんですよね。

 

多分、芸人さんは舞台に立つ前からプレッシャーを感じている時もあると思うしスベる日も有れば思うように振る舞えなくて悔しい日もあればネタ作りに苦戦したりすることも有ると思うんです。

それでも一生懸命考えて練習してウケた時は報われた気持ちになってガッツポーズしたくなる。

社会人バンドマンの端くれの端くれの端くれである私もお客さんとの一体感を感じる時に最高!と思うので、きっとそんな感じなのかぁと差し出がましく想像しています。

そうだ、近々また爆笑しにお笑いライブに行こうかな。

そんな感じでとにかくお笑いが大好きです!