RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

自分の意思を尊重できるようになるまで

振り返ればたとえ周りが正しく見えても自分の中で「なんか嫌だな」とか「ちょっとおかしいな」「何となく違う気がする」と思ったらキチンとNOとかそれは違うとはっきり言うことで自分が育つことにつながると思うんです。

何年か経って、あの時の自分の判断は間違っていなかったなと思う場面が多くあることを最近実感しています。

誰かの期待に応えるためや誰かの正しいと思うことに同調する為に生きてるわけではないですよね。

自分の中で湧いてきた事に対して正直になるのは時に孤立してしまう時もあるけど、その後により良い関係が築けたり新しい繋がりが居心地の良いものや実のあるものになることが多いです。

何より自分が自身の一番の味方になったように思います。

自分の意思を尊重できるようになりました。

過去とても独りになるのが怖くて他人に迎合してばかりでしたが自分の根幹が少しはしっかりしてきて昔より気楽になれる時間が増えました。

 

今日、そんなことを思ったので備忘録として書きました。

f:id:mechanical-rino:20180417124001j:image