RINOの何でも帳

雑記的な日記

そもそもどうしてそれを始めたのか

長いこと同じ事をしていると、そもそもどうして始めたのか?を忘れてしまうことが有ります。

いつの間にか誰かの期待に応えようとしたり、自分ではない他の何かになろうとしてしまいます。

私が今バンドをしているのは紛れもなくライブに強烈な感動を覚えたからです。

特にJanne Da Arcというバンドに出会ってから音楽が更に楽しくなりました。

ライブで思い切り汗を書くことがこんなに楽しいと思えたり、演奏を聴いて、パフォーマンスを見て心が震える経験は初めてでした。

一人で知らない土地に遠征に行く事が出来て行動範囲が広がりました。

同じ趣味の友達が出来て音楽の話をしたり知らないバンドの情報交換をしてインディーズバンドのライブにも足を運ぶキッカケにもなりました。

でも、まさか自分がバンドやるとは思いもしませんでした。

今思えば過去の経験が全て伏線で繋がっていたのかも知れないですね。

 

感動は文字通り人を動かしてくれるのです。

言わば原動力です。

 

たまに自分のやっている事に不安や疑いの気持ちが生まれるとこうやって「そもそも」を思い出すとあまり迷わなくて済むかなと思ったので書き留めました。

 

そんな気持ちを思い出させてくれる曲が、Janne Da Arcがインディーズ時代にリリースしたアルバムResistに収録されているstareという曲です。

いつもライブの最後に演奏する締めの曲です。

 

私にとってはstareは「そもそも」を思いださせてくれる大切なとっておきの曲なのです。

 

Resist

Resist

 

 



広告を非表示にする