RINOの何でも帳

頭の中をアウトプットする雑記帳。

応援してくれる人をちゃんと見る

応援の声や良い反響というのは、大げさではなく泣くほど嬉しかったりする。

それだけではなく手前勝手に始めたことを見つけてくれて継続して見に来てくれるというのは奇跡に近いと思う。

それだけで腹の底から力が湧いてくる。

逆に少なからず批評される側として厳しい意見は受け入れる・・ほどの器も無いのでなるべく心の中には留めないで事実だけ見て次回の糧にしている。

今は所謂、一億総批評家時代の真っ只中だと勝手に感じていてその中でも「良かった」とか「カッコいい」「楽しかった」という声がどれだけ励みになるか。毎度顔を出してくれることにどれだけの安堵と気力を貰っているか。

自分が出来る事で喜んで貰えたりするのは嬉しい。

それから、ちゃんとお返し出来てるか?とも考える。

居場所をもらった気がした。

応援してくれる人がいる事、あるいは過去にいたということをちゃんと見ると本当に本当に有難い事だなと思う。

 

 

f:id:mechanical-rino:20180928084905j:image